自宅や階下の住人への被害を防ぐ|水のトラブルにいち早く対処

作業者

排水詰まりの問題

配管

そもそも排水つまりとは

古い時代から現在にかけて、住宅環境に関することで住人を悩ませる問題があります。それは排水つまりです。排水つまりとは、文字通り排水溝や下水溝などが何らかの要因で詰まり、日常生活の生活排水が流れなくなり、異臭がしたり、シャワーや水道など今では当たり前に使う住宅環境インフラが使用できなくなることを指します。これは、最悪の場合は業者に依頼しなくてはならないケースもあります。その下水溝などがコンクリート床の下にあって、下水溝全てが屋根蓋を外して調整できるタイプの家でない場合には、とてつもない費用がかかってしまう場合もあります。

どう対処すべきなのか

排水つまりに対して、業者に頼まず個人で対処するには、日常的にこまめな点検をする必要があると言われています。一ヶ月に2回の点検が望ましいと言われており、つまり2週間おきに整備点検をしていくのが推奨されているという訳です。この整備点検とは何をするのかというと、土木工事などをするというわけではありません。排水つまりなどの原因になる髪の毛や、生活排水に絡んだ固形不純物などを溶かして洗い通し、除去するという事が必要です。これは、水道業者が下水溝へと投下して使う清掃薬品などを使うのが好ましいと言われています。これは通販などで販売されており、そして特殊な薬品であり色々と手続きが必要となる事もありますが、その効果は期待が出来ます。これを定期的に行う事、それが一番の予防策であると言えるでしょう。もし下水溝の蓋を開けれて、公共下水溝の方まで清掃できるならシンプルに清掃するというのも1つの手段です。逆に、下水溝が前述にて記載したコンクリート床の下に備わっているタイプなどであるならば、薬品で溶かす手段のみに近しいと言えます。